So-net無料ブログ作成

春に観たくなる映画Part1「四月物語」岩井俊二監督 [映画(DVD)]

日差しにには季節感がある。

 

は刺すような痛さを感じてしまうし

にはその消えゆくような温かさに寂しさを強烈に感じてしまう。

には、寒さを和らげてくれる日差しに優しさを感じるし、

には、サクラや新緑の葉っぱに跳ね返って届けられる光に柔らかさを感じていしまう。

 

そんな春独特の柔らかい日差しを、そのまんまフィルムの中に閉じ込めたような質感の映像美。

 四月物語

四月物語

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • 発売日: 1999/03/17
  • メディア: DVD

 

 

春に観たくなる映画のひとつ、岩井俊二監督四月物語 にはそんな映像美が詰まっている。

 

東京でひとり暮らしを始めた松たか子演じる女子学生「卯月」の、ある“不純な動機”と”小さな冒険の日々”を綴ったショートムービーである、この「四月物語

 

新しいアパート、新しい学校、新しいお隣さん、新しい自転車、新しい本屋、

そして桜の花びらが彩る新しい風景と新しい日々

 

誰でもが何かしら腑に落ちるいたって個人的な“喜びや不安”への共感

人がひとりで生きていくことの自由と誇り、恋することのドキドキを、

軽やかなテンポと温かい視点で描いたとてつもなく美しい日常への賛歌が詰まった作品だ。

 

この作品が公開された1998年は、自分自身にとっても高校を卒業し大学へ通うために宮崎から上京し一人暮らしを始めた年でもある。

 

それもあってか、「四月物語 」を観るたびに、一人暮らしを初めて間もない頃の生活や大学入学当初の記憶がこの作品を見るたびに鮮やかに思い出されてくる。

 

不器用で、かっこつけで、しゃべりが下手で、それでも変な自信だけはあった大学入学当初の不思議なあの感覚。一人で外食するのも、ごはんをつくるのも、買い物も、何もかもが新鮮だったこと。

 

映画の中では、サクラが本当に上手に使われているのだが、そんなシーンを観ると、上京したての頃に宮崎では散り終わっていたサクラが、関東ではまだ鮮やかに咲きほこっていて、風が吹くたびにハラハラとサクラの花びらが舞っている姿をみて

「宮崎を遠く離れたんだなぁ」

ということをしみじみと感じたことを思い出してしまう。

 

今では、逆に宮崎のサクラを思い出すことのほうが難しくなってしまっていて、流れてきた時の長さを再認識もしてしまうけど(汗)

 

また、この作品は、自分にとって

こんな美しい映像が撮りたい!

と、強く感じさせてくれた作品のひとつでもあるので、そういう意味でも春が来るたびに見直したくなります。

初心忘れるべからずって、ことで。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(1) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 3

Franny

トラックバックありがとうございます♪

私もアジカン、好きです。
1stが出た頃から注目してましたが、あっという間に売れっ子になってしまって、もう簡単にチケットが取れませんねぇ…
最初に行っておくんだった。

岩井俊二さんは、私とほぼ同世代です。(ひとつ下かな?)
私は、岩井さんの大学の(横浜国大)近くの高校だったのですが、近所の公園は桜の名所で地名も「花咲町」と言うのです。私の高校の名称にも「桜」が入ってます。春になると花びらの洪水のようになって、道が桜色になるのです。毛虫も多くて大変でしたが。

作品は「ラブレター」「花とアリス」も好きです。甘ちゃんなので、「リリイ・シュシュのすべて」とか観ると暗くなってしまうのです。でも全て、素晴らしい作品だと思っています。「UNDO]「線香花火…」とかも観てます。
またお邪魔します☆彡
by Franny (2006-04-14 13:34) 

Franny

追伸:トラックバックさせて頂ました♪

あと、「nice!」のバナーが押せないのですが、so-netでないとダメなのかしら?違うところをクリックしてるのかな?
by Franny (2006-04-14 13:46) 

Cinemanabu

>Frannyさん
コメント&TBありがとうございます!
そうなんですよ、Niceはso-netユーザーだけなんですよ。。
でも、お気持ちありがとうございます!

アジカン、私もデビューから注目していましたが、すっかりメジャーになりましたね。寂しい気もしますが、このまま、世界規模で有名になってほしい☆

それにしても、「花咲町」とは、素敵な名前の街ですね。
高校の名前にもサクラが入っているとは!
桜の花びらで埋め尽くされた道を想像するだけでも、絵になりますね。

私も岩井俊二監督の作品は、どれも大好きです。
「ラブレター」「花とアリス」「打ち上げ花火~」、どれもいつかレビューを書いてみたい作品です。
「リリィシュシュ~」も観るとへこんでしまうけれども、やっぱりあれが最高傑作かなぁとも思っています。

また、いつでも覗きにきていただければ嬉しいです☆
by Cinemanabu (2006-04-14 15:30) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。